バスルームのリフォームを在来工法で行う利点とデメリット!

在来工法のリフォーム

近年の浴室リフォームといえば、ユニットバスを使う事が主流となりました。

しかし、レイアウトに個性が無くマンネリしてきているせいか、最近はタイルや浴槽を使って作るバスルームの在来工法も増えてきました。

以前主流だった、床や壁をタイルで仕上げて浴槽を取付けたタイプです。

バスルームのリフォームを在来工法で行うメリット

バスルームを在来工法で作るメリットは、スペースに合わせて自由に作る事が出来る事です。

ある程度の大きさでも凹凸があるバスルームの間取りであっても、作る事が可能です。その為、個性的で自分だけのバスルームの空間に仕上げる事が出来ます。

素材も自由に選べ、タイルをはじめ石やヒノキ、塗装仕上げ等、様々な仕上げ素材から選ぶ事が可能です。

バスルームのバリアフリーも在来工法なら容易です

もう1つのメリットは、確実なバリアフリーに作る事が出来る事。ユニットバスは水はけの問題から、ある程度の段差が確保されております。

在来工法で作ると全て1から自分の思い通りに作れるので、高さや手すり等満足いく形で作る事が可能となります。

リフォームで失敗したくなくてネットで情報収集しているあなたへ

自宅のリフォームで失敗しない為の最大の秘訣は、「信頼できるリフォーム店」を見つける事が最も大事なポイントです。

>>八千代で信頼されている『地域で人気のリフォーム会社』とは?

年齢を増したご家族が居る場合は、ユニットバスより在来工法で細かこだわって作る方が適しています。

在来工法のデメリットは防水性に若干劣る事

デメリットは、ユニットバスに比べて防水性に若干劣る事です。

ユニットバスは気密性に非常に富んでおり、構造体に湿気を逃がしにくい大きなメリットがあります。

在来工法は、1つ1つ材料を積み重ねて作っていきます。

その為、要所で防水処理を行っていきますが、ユニットバスのように万度な防水効果は期待する事が出来ません。

在来工法のリフォームは自分好みのお風呂に出来る

更にモルタルを主に使って施工する湿式工法の為、手間がかかり工期が長くかかってしまいます。

材料費もユニットバスよりはかさんでしまうので、工費が高くついてしまいます。

しかし、その分、個性的なバスルームが出来る事は間違いありません。自分流儀のバスルームを作りたいのであれば、在来工法がオススメです。

【もう確認しました?】八千代で評判の良いリフォーム業者リスト

八千代のリフォーム業者の評判評判の良いリフォーム業者のリストを確認してみる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)