クッションフロアの跡を防止する秘訣!具体的なポイントまとめ

クッションフロアの跡

クッションフロアは弾力のある厚みですので、歩いた感じは足に余計な負担を与えないので、とても歩きやすく気持ちの良い素材です。

人間の足にはとても快適なのですが、重みのある家具などを置くと跡が付いてしまうのが難点です。

クッションフロアに余計な跡を作らない為の、ポイントをご紹介し足します。

クッションフロアの跡を防止する具体的なポイント

堅いマットを敷く

クッションフロアは柔らかい素材ですので、堅いマットを敷いてあげる事で床の凹みを軽減させる事が出来ます。

透明な専門のマットが販売されているので、そちらを引くと透明ですのであまり目立ちません。

家具の脚の下にマットを敷く

家具の脚の部分だけでしたら、脚の重心部分のみに敷く化粧マットがございますので、そちらを活用すると良いでしょう。

リフォームで失敗したくなくてネットで情報収集しているあなたへ

自宅のリフォームで失敗しない為の最大の秘訣は、「信頼できるリフォーム店」を見つける事が最も大事なポイントです。

>>八千代で信頼されている『地域で人気のリフォーム会社』とは?

色が付いている形のあるマットを敷くと、化粧の様にカッコ良さやオシャレさを引き出してくれます。

コルクマットを敷く

コルクマットを敷く事で、コルクマットで弾力を受ける事が出来るので、クッションフロアに影響を及ぼす事が無くなります。

集めのコルクマットをお好きな大きさに切断し、敷くと良いでしょう。

一般的に、クッションフロアは荷重を取り除くと凹凸が元に戻ってきます。ですので、一時的な荷重を与える事は特に問題視する事はございません。

しかし、気になるようでしたらこのような手段で凹凸を緩和させましょう。

賃貸物件の退去時にクッションフロアの張り替え料金は払うべき?

また、よくある話では、マンション等の借家の退去時にクッションフロアの張替え料金も請求されてしまう事です。

著しい傷を付けてしまった場合は請求されて当然ですが、生活による摩耗の範囲の損傷なのに、退去の際に借主にクッションフロアの張替え代金を請求する事は、国土交通省のガイドラインにより必要ないと言われています。

それを知ってないのか本当に知らないのかは解りませんが、安易に請求してくる大家さんや不動産業者が居ますので、その際には一言言うと良いでしょう。

【もう確認しました?】八千代で評判の良いリフォーム業者リスト

八千代のリフォーム業者の評判評判の良いリフォーム業者のリストを確認してみる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)