玄関の土間をリフォームする時は工事方法をしっかり選ぼう!

土間のリフォーム

家の入口で有る玄関部分は、いつの時代もオシャレにしておきたいという方が多いです。

玄関の土間部分が狭くてもオシャレにリフォームする方法は有ります

玄関の土間は狭い空間であったとしても、タイルを貼ったり色々なリフォームを行う事が可能です。

広めの土間の場合は、特徴的な化粧を施すと個性的なリフォームを行う事が出来ます。

こう言った様な、玄関の土間部分をリフォームする時にどういう種類があるのかを詳しくこちらではご紹介致します。

玄関土間のリフォーム方法の種類とそれぞれのメリット

モルタル金コテ

モルタルを金コテで、ツルツルに平らに仕上げる方法です。表面がつるつるしているので、お掃除がとても快適です。

平滑にする事がポイントですので、左官屋さんの腕が問われる床となります。

モルタルほうき引き

モルタルを塗布した後、ほうきを使って跡を付ける方法です。昔の土間のような雰囲気をかもし出し、落ち着いた雰囲気を引き出します。

ほうき引きは、熟練の職人さんじゃ無ければできないので、事前に問い合わせてみると良いでしょう。

リフォームで失敗したくなくてネットで情報収集しているあなたへ

自宅のリフォームで失敗しない為の最大の秘訣は、「信頼できるリフォーム店」を見つける事が最も大事なポイントです。

>>八千代で信頼されている『地域で人気のリフォーム会社』とは?

モルタル化粧砂利敷き

モルタル塗布をした後、等間隔になるように化粧砂利を綺麗に埋めていきます。モルタルに対して色が引き立つよう、黒や紺系の化粧砂利を使う事が多いです。

また、様々なカラーが混ざった化粧砂利を使う場合もあります。料亭の土間の様な、オシャレな雰囲気を引き出してくれます。

モルタル石敷き

平らな石を、等間隔にオシャレに配置します。

歩行する位置のラインのみに石を配置する事もありますし、土間全体に敷き詰める方法もあります。

グレー系の石や茶色系の石を使う事が、多い傾向があります。

塗床

茶色やグレー系の塗床で、仕上げます。

防滑の塗床を塗布する事で、滑りにくい土間を作る事が出来ます。

玄関の土間をリフォームするなら評価の高い業者に依頼しよう

広い土間と言えば、昔はモルタル塗布仕上げが大半でした。

ここ数年は、砂利や石等をモルタルに埋めたり、グレー系だけじゃなく、カラーに溢れた土間も増えオシャレな土間を作る事も増えました。

この様に、色々な工事方法がありますが、それぞれ技術力が必要な工事になります。

なので、お住いの地域で評価の高いリフォーム店にこう言った工事は依頼されるのが良いですよ。

【もう確認しました?】八千代で評判の良いリフォーム業者リスト

八千代のリフォーム業者の評判評判の良いリフォーム業者のリストを確認してみる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)