二世帯住宅のリフォームを行う時に注意して欲しい大事な事

二世帯住宅

一般住宅を、二世帯住宅にフルリフォームをするお宅は、非常に増えています。二世帯住宅のフルリフォームで大切なのは、距離感を作る事です。

二世帯住宅のフルリフォームの注意点

殆どの二世帯住宅は、部分分離型か完全分離型です。

せっかくのフルリフォームですから、1番大事な距離感がある建物に仕上げましょう。二世帯住宅にフルリフォームをする際には、気にかけてほしいポイントがあります。

二世帯住宅のフルリフォーム時に気にかけてほしいポイント

寝室の位置を近くしない

二世帯の寝室の位置を近くしてしまうと、互いの音が気になってしまう事があります。

可能であれば、二世帯の寝室は遠く離す事をオススメします。

音の問題を解決

せっかく二世帯住宅にフルリフォームを行うのですから、音の問題をしっかりと解決しましょう。

分離型の場合は上下区分か左右区分の2つのパターンで、居住区分する場合が大半です。

境目を断熱材や防音シート等を用いて、音が極力響かない仕組みを作りましょう。また、互いの排水の音が響く音は、案外苦痛に感じる物です。

リフォームで失敗したくなくてネットで情報収集しているあなたへ

自宅のリフォームで失敗しない為の最大の秘訣は、「信頼できるリフォーム店」を見つける事が最も大事なポイントです。

>>八千代で信頼されている『地域で人気のリフォーム会社』とは?

排水はパイプシャフトに納めて断熱材や防音シート等で囲って音の発生を極力抑えましょう。

玄関は片方の世帯が別にしたいと思うなら別にする

二世帯住宅で必ず出るのが、玄関を別にするのかです。

玄関を2つ作る事でスペースを広く取ってしまいますが、玄関を世帯別に作る事は本来必要な事です。

片方の世帯が必要と思ったのであれば、別にする事をオススメします。玄関を別にする問題は、とてもデリケートな問題です。

否定をすると、後々問題になる事があります。

什器備品のグレードを抑える

二世帯でキッチンやトイレ、お風呂、洗面所、玄関等、全て2つずつ作る事は、物凄いコストとなります。

什器備品のグレードを少し上げるだけでも、物凄くコストアップしてしまいます。極力コストダウンをし、費用を抑えましょう。

光熱費等の区分をきちんと完全分離

二世帯住宅の場合は、光熱費等の区分を発揮しなければ、支払いの段階で曖昧になってしまいます。

また、チャイムや郵便ポスト等も全て分離しましょう。

せっかくのフルリフォームなので、これらの項目はきちんと網羅して作るようにしましょう。

二世帯住宅のリフォームを間違うと、折角のご両親との同居もうまくいきません。

快適なフルリフォームに繋げられるよう、細かい部分まで目を向けて皆さんで相談をして作りましょう。

【もう確認しました?】八千代で評判の良いリフォーム業者リスト

八千代のリフォーム業者の評判評判の良いリフォーム業者のリストを確認してみる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)