押入れをリフォームして使いやすいクローゼットにする秘訣!

押入れをクローゼットにリフォーム

昔ながらの押し入れを、収納力豊かなクローゼットにする為にリフォームされるお宅は非常に多いです。

押入れをリフォームしておしゃれで機能的なクローゼットを作ろう!

昔のようにお布団で寝る方が減ったので、中棚と枕棚の押し入れスタイルは使いづらくなっているご家庭が多いのが現状です。

押入れをクローゼットに変える為には、以下の部分をリフォームしましょう。

押入れをクローゼットにリフォームするポイント!

中棚

本来お布団を収納する為の棚なので、お布団を収納しないのであれば邪魔になってしまいます。

押入れ感を無くす為には、中棚は必ず取り除きましょう。

枕棚

枕棚はクローゼットにも付いている場合が多く、クローゼット内の高い部分のデッドスペースを利用した棚なので、そのまま活用した方が良いでしょう。

ステンレスパイプを取りつける

リフォームで失敗したくなくてネットで情報収集しているあなたへ

自宅のリフォームで失敗しない為の最大の秘訣は、「信頼できるリフォーム店」を見つける事が最も大事なポイントです。

>>八千代で信頼されている『地域で人気のリフォーム会社』とは?

クローゼット感を出す為には、ステンレスパイプは必見です。

2本取り付けるのですが、手前のパイプは1,800㎜程度の高さ、奥のパイプは150㎜程低くして取り付けると、奥に掛けた洋服が取りやすくなります。

内装工事を行う

最近のクローゼットは、内部にクロスと床材を張って、居室の様な仕上げを行うのが一般的です。既存の押し入れの壁や天井にクロスを張り、床はCFを張ると映えますよ。

扉の取り換え

クローゼットといえば、折り戸です。

折り戸は一見カッコよくみえますが、実は開いた際のデッドスペースが多すぎて不便と言われています。

それでも良ければ折り戸にリフォームし、引き戸のままで良いのであれば、引き戸のフラッシュ材を付けて加工してもらうか新しい引き戸に変えて、洋風な引き戸にしましょう。

クローゼットへのリフォームはガラリを設置しよう

クローゼットの戸に採用してほしいのが、ガラリを付ける事です。

古い押入れをリフォームしてクローゼットにした場合は、収納内に湿気が発生しやすくなっている可能性があります。

少しでもクローゼット内の湿気を外に流すよう、扉にガラリを付ける事をオススメします。

こういった収納部分のリフォームを行うなら、評価の高い業者さんに依頼をされるのがポイントですよ。

【もう確認しました?】八千代で評判の良いリフォーム業者リスト

八千代のリフォーム業者の評判評判の良いリフォーム業者のリストを確認してみる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)