屋根に遮熱塗料を選ぶと温度が下がる!実際の影響は?

屋根の遮熱塗料

夏の暑い時期に、建物の最上階が暑い!と思う事があると思います。

これは、屋根材に熱を吸収させて溜めてしまい、建物の小屋裏に熱をこもらせてしまう事が大きな原因です。

屋根を暑くしない「遮熱塗料」の効果

夏の暑い時期の屋根材の表面の温度は、80℃近くまで上がってしまいます。これが小屋裏まで伝わると、小屋裏の中の温度は50度を超えてしまいます。

この小屋裏の高温を回避させる為には、屋根材に熱を溜めない事です。

そんな屋根対策に効果を発揮してくれる材料に、遮熱塗料という材料があります。

文字通り、屋根に塗布する事で、赤外線を高反射させ、屋根の温度の上昇を抑える事が出来る塗料です。

遮熱塗料を利用できる壁材は?

ただ塗るだけで省エネ効果を発揮し快適な建物へと導くので、とても注目されている塗料です。

遮熱塗料は、板金やコロニアル、カラーベスト等に使う事が出来ます。

リフォームで失敗したくなくてネットで情報収集しているあなたへ

自宅のリフォームで失敗しない為の最大の秘訣は、「信頼できるリフォーム店」を見つける事が最も大事なポイントです。

>>八千代で信頼されている『地域で人気のリフォーム会社』とは?

一般的な瓦には遮熱塗料を塗布する事が出来ない場合がありますので、事前に確認しましょう。

遮熱塗料を屋根に使うと、屋根材の温度を下げる事が出来ます。

小屋裏に熱気を滞留させる事が無くなるので、家の中の温度を下げる事に繋げる事が出来ます。

遮熱塗料に過剰な期待は禁物です

実際に遮熱塗料を塗布する前と塗布した後との比較を行ったところ、遮熱塗料を使った屋根の表面温度は14℃下がり、小屋裏の温度は4.6℃も下げる事が出来た例もあります。

しかし、注意したい事は「居住エリアの温度はほどんど変わらない」と言う事です。1度程度の変化になります。

遮熱塗料は色選びも自由に行える

遮熱塗料には、一般の屋根塗料の様に多くのカラーバリエーションがあります。遮熱効果を1番発揮してくれるカラーは、薄い色合い。

濃いカラーになればなるほど、表面温度を高くさせてしまいます。

白に近ければ近い程、日光の反射率が高くなるので遮熱効果を高く発揮してくれます。

【もう確認しました?】八千代で評判の良いリフォーム業者リスト

八千代のリフォーム業者の評判評判の良いリフォーム業者のリストを確認してみる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)