屋根の塗り替え時期を自分でチェックする方法や業者の選び方!

屋根の塗り替え時期

屋根の塗装は色味を変えるだけで、する必要は無いと思っていませんか?屋根は塗装をするだけでも、屋根材の素材を強くする事が出来ます。

屋根材の劣化を放っておくと、どんどん劣化していくので、最終的には板金自体を葺き替えなければいけなくなる事があります。

屋根の塗替えを定期的にやれば余計な出費を減らせます

後々そう言った余計な出費を抑えたい場合は、定期的に塗装を行う事をオススメします

屋根の塗り替えの目安は、およそ10年位と言われています。

しかし、この数字はあくまでメーカーや塗装業者がうたっているだけですので、実際はもっと持ちます。

自分で屋根の塗り替え時期をチェクするポイント!

塗り替えの目安を自分の目で確認する為には、2階の窓から1階の屋根を見てみましょう。

白っぽい感じが多い場合は、そろそろ塗り替えなければいけない時期と言えます。錆が発生している場合は、急いで塗り替えをしましょう。

屋根の塗装は、日曜大工のように顧客ご自身でやられる方が居ますが、あまりオススメ出来ません。

その理由は、次の通りです。

リフォームで失敗したくなくてネットで情報収集しているあなたへ

自宅のリフォームで失敗しない為の最大の秘訣は、「信頼できるリフォーム店」を見つける事が最も大事なポイントです。

>>八千代で信頼されている『地域で人気のリフォーム会社』とは?

  • 屋根勾配が3寸以上だと、足元が危ない
  • 2Fの屋根は素人では危ない
  • 素人が塗装すると均一な塗り厚にならない
  • 細かい部分まできちんと塗れず、結果的にすぐ劣化させてしまう
  • 適している材料を選ぶ事が出来ない

以上の事から、素人さんが板金の塗装工事を行う事はオススメ出来ません。塗料代金と自分の汗水かけた手間以上に、板金の状態を良くする事は望めません。

屋根の塗り替えは下地処理をしっかり行ってもらおう

屋根の塗り替えは、既存の屋根板金に綺麗に付着させて塗らなければならないので、下地処理をきちんとしなければなりません。

高圧洗浄を2回以上かけて、隅から隅まで綺麗にします。

1日以上しっかりと屋根を乾燥させてから、シーラーを塗布します。

シーラーは、板金と塗装の付着率を高めるので、塗り替えの際には絶対使わなければなりません。

板金の状態が良くない場合は、2回塗りします。その後、塗装工程を2回行い、完成させます。

2回塗布で綺麗にならない場合は、3回塗布する場合があります。

屋根の塗装を行うなら地域で評判の会社に依頼しよう

屋根を塗り替えする際にオススメしたいのが、軒天も一緒に塗り替える事です。

軒天は普段あまり目にする場所ではありませんが、屋根板金と隣り合わせなので、一緒に綺麗にすると良いでしょう。

こういった事も踏まえて、施工を行ってもらうなら地元で評価の高い会社に依頼するのがおすすめです。

お住いの地域で評判の良い会社に屋根の塗装は依頼しましょう。

【もう確認しました?】八千代で評判の良いリフォーム業者リスト

八千代のリフォーム業者の評判評判の良いリフォーム業者のリストを確認してみる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)